がんと現代人について

現在、生活習慣病に対する関心が高まっているようです。
その名の通り、生活に密接した病気となっていますが、肥満や糖尿病なども、その中に含まれています。
生活習慣病に罹患しないようにするには、生活の改善と運動にあるようです。
多忙な現代人が罹りやすい病気の表れかもしれません。

しかし、生活習慣病には、肥満や糖尿病ばかりではありません。
心臓疾患、脳卒中、そして、がんが含まれます。
現代人の三大死因であり、多くの人が関心を持ってしまうのは、仕方のないことでしょう。
このため、保険においても、がん保険ばかりでなく、三つの病気を保障する三大疾病保険も人気があり、多くの人が加入をしています。
それだけ、多くの人の関心が高く、なおかつ、それだけ身近なものになったのかもしれません。
がんに絞って、お話をすれば、がんはまだまだ未知数の病気であり、なおかつ、現代らしい病気でもあるのでしょう。
もちろん、がんは、昔からありましたが、記録の中では、裕福な人たちに多くの発生していたようです。
今日では、裕福な人に限りませんが、もしかしたら、がんは、社会が物質的に豊かになった証の病気かもしれません。
実際、がんが死因の第一位になっているのは、欧米などの先進国となっています。
経済的に豊かな国ほど、がんのような生活習慣病に罹患しやすくなるのかもしれません。
しかし、医療が整っていないところでも、死亡原因として、がんが多いようです。
これは、劣悪な環境も関係があるかもしれません。

いずれにせよ、がんと現代人の関係は密接であり、なおかつ、今後もより密接になり、もっと身近になるかもしれません。
がん保険の意義が、ますます高まって行くことも考えられます。