支払い回数もチェック

生命保険のもっとも原初的な形では、保険金は一回だけとなっています。
それは、掛け捨て型の死亡保険であり、終身でも定期でも、どちらでも同様となるでしょう。
死亡保険と言うからには、死亡時に支払われるものであり、その時一回だけというのが、生命保険の最も基本的なものとなるのでしょう。
けれども、現在では、種々の商品などがあり、主要契約のみでも、色々な保障があるようです。
では、がん保険については、どうなのでしょうか?

がん保険についても、もっとも簡素な形は、給付金が一回だけのもののようです。
一度罹患し、一定期間入院し、退院後に請求し、審査で問題がなければ、給付金が支払われます。
それで、保障も終了となります。
しかし、がん保険の場合、がんという病気が対象であるため、一度の給付金のみでは済まないケースもあります。
たとえば、がんは、再発の可能性があります。
同じ個所ばかりではなく、転移し、他の臓器などから発祥する場合もあります。
あるいは、入院が一度のみではなく、期間をおいて、何回か行うことで、治療が終わる場合もあります。
がん治療には、三つのものがあり、手術、化学療法、放射線治療であり、いずれも入院を伴います。
しかも、放射線治療においては、一時帰宅などもあり、ずっと病院にいる訳ではありません。
そういう場合も、保障対象となるのか否かを確認しておくことも重要です。
場合によっては、特約を付け、すべてのがんに関わる入院を、保障対象とするようになるかもしれません。

なお、最近のがん保険は、通院保障も付いているものがあるようです。
それもまた、加入時などに確認すべきことでしょう。

最近の急上昇ワードがん保険は、便利なココがイチオシです